情熱的で熱い体験をしたいならここの風俗体験談を是非ご覧になってください!

デートじゃなくて風俗!

デリヘルっていろんなタイプがありますけど、外で待ち合わせするタイプのデリヘルが好きです。あれだけは風俗っていうよりも本当にデートしているかのような気持ちになるじゃないですか。ホテルを二人で決める。そして部屋を決め手エレベーターで部屋まで行く。その間二人きりですから、本当にデートしているかのような気持ちになりますけど、そのおかげでプレイそのものもかなり燃えるんですよ。だってそれまでで二人の距離感みたいなものがかなり近付いていますから、プレイに入っても密着感が発揮されて快感なんですよね。むしろ自分の場合、その部分でのポイントが高いんじゃないかなとさえ思いますからね。だからそのタイプのデリヘルの場合、風俗を楽しんでいるというよりも女の子とデートそのものを楽しんでいるかのような気持ちになれるんですよね。あの雰囲気っていうのはカタルシスもあって好きなので、これから当分はデートタイプのデリヘルが言いなって思っています。

風俗であそこまでドキドキするとは

風俗では毎回ドキドキしますけど、まさかあそこまでドキドキさせられるとは思わなかったっていうのが本音かもしれません。好みの女の子だったっていうのもあるんですけど、単純にデリヘルの種類ですかね。その日は風俗雑誌を見てよいなって思ったデリヘル嬢にしたんですけど、そのデリヘルは外で待ち合わせだったんです。いつもデリヘルと言えば先に部屋に入って、そこから電話するのが一般的だったのもあって初体験でしたが、おかげでかなりドキドキさせられましたね。だってあれはもう風俗というよりもデートそのものじゃないですか。本当に女の子と楽しんでいるかのような気分というか、あれはサービスって概念を超えていたんじゃないかなと(笑)だから本当にドキドキしました。まさかそんな形で合流することになるとは思っていなかったのもあって、その後のベッドでのプレイも自分自身でもこんなにイキやすかったかなって思った程に呆気なく発射してしまいました。

ショートカットの可愛い風俗嬢でした

ロングヘアーくらいの女の子の方が女らしさがあるとは思うんですけど、前回の風俗では敢えてショートカットの女の子と楽しんでみたんですが、ショートカットの女の子もむしろ悪くはないなと。むしろいつもロングヘアーの風俗嬢とばかり楽しんでいる自分にとってはかなり刺激的で新鮮な気持ちを味わう事が出来ました。それに、ショートカットの女の子の方が感じている顔がセクシーなような気がするんですよね。単純にギャップって話なのかもしれないですけど、それが自分にとってはかなりそそられるものになったんですよ。ショートカットってボーイッシュというか、外見だけだとあまり女の子らしさみたいなものを感じないかもしれないですけど、いざ楽しんでみると外見とは裏腹に女の子らしさを思う存分満喫する事が出来ましたから、ショートカットの女の子も悪いものじゃないよなって気付かされましたし、日常生活でもショートカットの女の子に目が行くようになってしまいましたよ。

まさに非日常な風俗

風俗ってジャンルそのものが非日常の象徴だと思うんですけど、この前のデリヘルは女の子を含めて全ての面で非日常を思う存分満喫する事が出来たんじゃないかなって思っています。やってきた子はYという子でゴージャス感が隠せていないというか、一目見て自分とは住む世界が違う子だなって感じました(笑)雰囲気があるっていうか、自分の日常生活では接点そのものが生まれないような女の子だったんですよね。だからか終始ドキドキさせられていました。こんな気持ちになるのって実はそんなにないんですよ。だって風俗ってモノに慣れてきていますから、どんな子が来てもそれなりの経験があるんです。だからさすがにそこまでの非日常を感じるような事はそんなにないって思っていたにも関わらず、物凄くドキドキさせられましたからね。それだけ女の子が魅力的だったって事なのかもしれないですね。おかげで何をされてもとにかく快感で、文字通り非日常感を満喫する事が出来ましたよ。